作品・コンテスト

作品・コンテスト

えひめスイーツコンテスト2016 

◆◆◆◆◆◆◆◆えひめスイーツコンテスト2016結果発表◆◆◆◆◆◆◆◆

一般部門 ギフト菓子の部 金賞受賞

一般部門 生菓子の部 銀賞受賞

協賛社賞一般部門4名受賞 プロ部門4名受賞

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【作品紹介】

ギフト菓子部門 金賞 『ショコラトロン』

パティシエ・ブランジェ科 森田智也さん(宇和島南中等教育学校出身)

このケーキは県内産の柑橘をふんだんに使用し、愛媛らしさを表現しています。シンプルな形にして、誰もが手にとって食べやすいように工夫しました。また見た目が色鮮やかになるよう、青柚子のゼストを乗せて仕上げました。

 

 

生菓子部門 銀賞『ヴァカンス~愛をもたらす~』

パティシエ・プランジェ科2年 山本海輝さん(伊予農業高校出身)

愛媛に訪れた方にはどうしても食べてもらいたい「紅まどんな」を使いました。柑橘と苺を加えて酸味と甘みの調和がとれるようにしました。子供から大人まで親しまれているフルーツを使っているので、たくさんの方に食べてもらいたいです。

一般部門 協賛社賞

 

DATE [2017.2.20]

パティシエ・ブランジェ科『えひめスイーツコンテスト2014』入賞3名!!

10月9日(木)、

道後の大和屋本店でえひめスイーツコンテストの表彰式が行われました!

本校の学生からは、3名が入賞しましたわーい (嬉しい顔)

↑入賞した、学生たちの作品たちです揺れるハート

どれも、力作ぞろい!!おいしそう!!

↑ずらりとならんだ、作品たちるんるん (音符)

 

↑檀上での、記念撮影うれしい顔

左3名が、本校の学生たちですぴかぴか (新しい)

↑表彰式終了後には、審査員の先生がたとの懇親会も行われましたうまい! (顔)

 

多くのアイデアや高い技術に触れ、

いい刺激となった一日でした~揺れるハート

 

この経験を糧に、更なるレベルアップを目指して頑張ってほしいですほっとした顔

 

DATE [2014.10.11]

医療秘書科『電話応対コンクール松山地区予選出場!!』

社会人の方が日ごろのスキルを競う、
『電話応対コンクール 松山地区予選』
本校の医療秘書科の代表4名が出場してきました\(^o^)/
社会人以外では、本校の医療秘書科のみが出場しました!!
今年度は過去最多となる60名がエントリー!!
昨年度、全国1位になった選手は
この松山地区から選ばれた愛媛代表者だったということもあり、
今年も、レベルの高い地区大会となりました。
そんなハイレベルな戦いの中、
学生の4名も大健闘でした!
▼応対披露の様子
入賞こそ逃しましたが、
昨年度に続き2年連続出場を果たした
森内 杏理さん(大洲農業高校出身)は、
「放課後いつも練習に付き合ってくれた
先生たちに感謝しています。
1年越しのリベンジはうまくいかなかったけど、
こんなにも悔いなく、気持ちよく応対ができたのは
初めてで、後悔はありません!
来年は社会人として、出場できるかどうかは
まだ分かりませんが、
立派な姿を先生たちに見せられるように
成長します!!」
と、とっても清々しく嬉しいコメントをくれました!!
【代表出場の4名】
写真左より)
1年 成相 穂乃花さん(北条高校出身)
2年 久保 ひとみさん(松山中央高校出身)
2年 森内 杏理さん(大洲農業高校出身)
2年 森口 絢奈さん(今治工業高校出身)
4名とも、いい笑顔ですウッシッシ (顔)
「電話応対」は、医療事務に限らず、
どんな病院や企業でも必要で、かつ、その病院・企業のイメージを左右する、
とても重要なスキルですパンチ ぴかぴか (新しい)
この経験を活かして、社会人になっても、
患者様やお客様に気持ちよく感じていただけるような、
素敵な電話応対を実践してくださいねウィンク ムード

DATE [2014.9.19]

1 / 2 1 2

カテゴリー

ページの先頭へ

河原ビューティモード専門学校
〒790-0012
松山市湊町3丁目5-1
TEL: 089-987-7577
FAX: 089-987-7533
学校法人河原学園
〒790-0001
愛媛県松山市一番町1-1-1
TEL: 089-943-5333
FAX: 089-934-3444