資格は一生もの!

未来高校ではたくさんの検定試験にチャレンジすることができます。
資格に合格することで、勉強する喜びを身につけ、学習する意欲に結びつけます。
資格は頑張れば頑張るほど、努力が結果となって現れます。
(通信制基本コース・集中スクーリングコースには検定授業はありません)

ここでは未来高校で取得を目指している資格試験の一部を紹介します。

実用英語検定

「英検」とは「実用英語技能検定」のことで「聞く」「話す」「読む」「書く」の四つの技能を測定します。
年間230万人が受験する検定試験です。
中学初級程度の五級から、大学上級程度の一級まであり、自分のレベルにあった資格にチャレンジすることができます。
「英検」は、大学や短大、専門学校の入試において評価の対象となっています。
また教員採用試験で特別優遇措置を適用する県が増えたり、最近では特に就職において必須の条件としている会社も増えています。
もちろん海外留学を希望している方にとってはぜひ取っておきたい資格です。

漢字検定

「漢検」とは「日本漢字能力検定」のことで、漢字の「読む」「書く」という知識だけでなく、その意味を理解し、文章の中で適切に使用できるかを測るものです。
受験志願者数は212万人を超えており、検定試験の中でも最も規模の大きいもののひとつです。
「漢検」のメリットとしては、履歴書に記載できることと、全国の大学や短大、専門学校の入試で評価の対象となっていることです。
入学試験の科目減免や授業料の免除の要件の一つになっている学校もあります。

電卓技能検定

その名の通り、電卓の使い方の正確さ・早さを判定する検定試験です。
電卓といってもあなどるなかれ。
社会人にとって正確な計算は、その人の信用に直接関わってきます。
まずは自分のレベルに合わせた級にチャレンジしましょう。

日商簿記検定

企業の経営活動を記録・整理し、経営成績と財政状態を明らかにする技能です。
社会人が勉強したい・身につけたい技能の常に上位に位置しています。
合格すれば、履歴書にも記載できますので、就職にも有利です。

日本語検定

普段私たちが何気なく使っている日本語にも、思わぬ勘違いや思い違いがあります。
日本語検定は、日本語を正しく使えるための手段として有効です。
幅広いレベルの問題があり、社会に出る前に、自分の日本語力を知っておくためにもぜひ受験したい資格です。

情報検定(J検)

現代情報社会においては、様々な場面で「情報」を扱う人材が必要となります。
その「情報」のプロとして活躍できるための知識や技能を評価する試験です。
大学生や専門学校生も取得を目指す資格ですが、高校生でも取得するチャンスは十分にあります。
パソコンに興味のある方はぜひチャレンジしてみましょう。

ビジネス能力検定(B検)

社会人に必要な仕事の能力を客観的に評価する検定試験です。
社会人に必要な基礎能力から、ビジネスリーダーとして活躍できる力まで評価することができます。
これまでは社会人や大学生、専門学校生の受験が主でしたが、現在は、高校生の受験も急増しています。

Word文書処理技能認定試験・Excel表計算処理技能認定試験

現在は、パソコンが使えるだけでなく、使いこなせることが社会では必要になっています。
WordやExcelなどのパソコンソフトの使い方をしっかりと理解し、使いこなせるようになりましょう。