コース紹介

調理師養成学科

卒業までの流れ

調理師と高校生活。両立できる秘密がここにある!

調理師免許と高校卒業資格。
ただ資格をとるだけではない。社会に出てから役に立つ力を身につける。
河原高等専修学校だから実現できるシステムがあります!

卒業までの流れ

河原高等専修学校に入学すると同時に、未来高等学校(広域通信制普通科)にも入学します。それにより高等学校卒業資格も一緒に取得を目指します。時間割は、河原高等専修学校の中に組み入れていますので、学校生活を送ることで、意識することなく河原高等専修学校と未来高等学校の両方の卒業を目指すことができます。

河原高等専修学校の3年間

3年間かけて社会に出るための知識・技術・心構えを身につけます。
一つの知識、一つの技術をしっかり身につけてから次のステップに進みます。
知識も技術も初めて習うことばかり!みんな一緒のスタートです!
勉強した時間・練習した内容がそのまま実力に現れます。
夢や目標に向かってひたむきに努力する生徒を、河原高等専修学校は精一杯応援します!

3年間の流れ

基礎からしっかりと学びます。
段階的に学習を進めていきますので、無理なく成長をすることができます。

カリキュラム
時間割例(1年生)
SHR
1時間目 食生活と健康 英語 食品と栄養の特性 調理実習 食品の安全と衛生
2時間目 保健体育 商業 食品と栄養の特性 調理実習 食品の安全と衛生
3時間目 保健体育 数学 国語 調理実習 理科
4時間目 食品衛生学 社会 社会 調理理論と
食文化概論
商業簿記
5時間目 調理実習 情報 国語 調理理論と
食文化概論
商業
6時間目 調理実習 調理理論と
食文化概論
SHR

普通教科

未来高等学校とのダブルスクールの中で、国語・数学・英語・理科・社会などの普通教科もしっかり学習します。河原高等専修学校と未来高等学校は、同じ校舎にありますので、河原高等専修学校として学校生活を送ることで自然と未来高等学校の卒業資格を得ることができます。
学校行事も数多く用意しています。
同じ目標を持った者同士、夢を語り合いましょう!

専門教科

  • 知識も大事です

教科授業

衛生や栄養・法律の知識は、調理師を目指すなら絶対に必要です。専門用語など、慣れない言葉に最初は戸惑うことがあるかもしれませんが、ひとつずつゆっくり理解していきましょう。

  • 基礎の基礎から学びます

実習

料理の勉強は単に技術や技能の習得だけにとどまりません。深く習熟した基礎的・基本的な技術の上に、「和洋中製菓」の幅広い知識・技能を学びます。河原高等専修学校ではさらに、お米の研ぎ方からだし汁の取り方、料理の組み立て、さらには売れるメニューの研究、店舗経営に至るまで、3年間をかけて学べます。河原高等専修学校ならではの、技能習得を重視するゆとりある学びやすいカリキュラムで、即戦力として必要な「理論」と「実践」をじっくり学べます。

日本料理、西洋料理、中国料理、製菓の4種類を中心に学習しますので、幅広い分野に触れることができます。そのため、幅広い知識や技術を身につけることができます。

  • 日本料理・・・だしの取り方、桂むき、刺身の引き方、揚げ物、煮物など
  • 西洋料理・・・ブイヨンの取り方、マヨネーズの作り方、オムレツ、パスタ、牛フィレロッシーニなど
  • 中国料理・・・スープの取り方、炒飯、麻婆豆腐、青椒肉絲(チンジャオロース)、紅焼鶏翅(ホンシャオチーチー)など
  • 製菓・・・プリン、スポンジケーキ、クレープなど

授業紹介

基本

  • 包丁研ぎ
    全員がマイ包丁を購入します。包丁を研ぐことが学習のスタートです。全員が初めての体験です。うまくいかなくて当たり前!先生の指導のもと、何度も研ぎこんでいきます。
  • 桂むき
    桂むきを練習していくことで、包丁使いをマスターします。そのほかにも様々な野菜の切り方を学びます。
  • 魚の三枚おろし
    包丁に慣れてきたら、魚にも挑戦します。アジの三枚おろしから始めます。

日本料理

  • 親子丼
    近藤先生の得意料理。日本料理の命である「出汁」の取り方を学びます。
  • 刺身
    さすがに一人一匹は無理でしたので、まずは近藤先生のお手本&試食。目で見て学び、舌で味わい記憶します。
  • 鮎を使った料理
    鮎ご飯、鮎の天ぷら、鮎の塩焼きの三品を調理しました。

西洋料理

  • オムレツ
  • ピザ
  • パスタ

中国料理

  • 麻婆豆腐
  • 鶏のから揚げ

製菓

  • ケーキ
  • 河原・パティシエ・医療・観光専門学校との連携授業

京都研修旅行

食育インストラクター講座

恩師店舗訪問

施設見学

農業体験

学習発表会

アグリ甲子園

パニーニ販売実習

料理コンテスト

ページの先頭へ

河原高等専修学校
〒790-0001
愛媛県松山市一番町1丁目1-3
TEL: 089-947-4447
FAX: 089-947-4432
学校法人河原学園
〒790-0001
愛媛県松山市一番町1-1-1
TEL: 089-943-5333
FAX: 089-934-3444
URL:http://www.kawahara.ac.jp/